MY DREAM Clinic Project

Children have to be healthy and alive at the fist point, before pursuing their dreams. Construction of MY DREAM Clinic will fulfil such requirements.
夢を叶えていくためには、まず健康であること、元気に生きていけること。それを実現するために必要なクリニック整備を行ないます。

No more "What if..." situations/ 子どもの命を絶やさないために

In 2013, two-year-old Abdul was deprived of his life due to Malaria. Malaria is a preventable and curable disease. If there was a clinic in Bognayili, he could have been saved. He might have been able to live longer. Abdul is not the only case. MY DREAM Clinic project was finally launched in September 2015 to realize villagers' long-time utmost desire to have an accessible clinic in their village.


2013年、2歳のアブドゥルは、マラリアによって命を落としました。マラリアは、治療できる病気です。もしボナイリ村にクリニックがあったら...、アブドゥルは早く治療を受けられていたかもしれません。もしクリニックがあったら...、生きられていたかもしれません。村にはアブドゥル同様に、治る病で命を落とした子どもたちが他にも沢山います。2015年9月、村人達の念願のクリニック建設がようやく始まりました。

Stories behind/ プロジェクト立ち上げの背景

In June 2012, when Yukari, founder of MY DREAM. org first visited Bognayili, she conducted a survey with 50 women concerning their health and sanitation. In response to the question "What do you need most in the community?," many of them responded "Kindergarten" and "Clinic."


If they had a clinic in the village, they would be able to take their children whenever they get sick, they themselves would see a health worker to ease their pain after shea butter processing, and what is more they might save the lives of children suffering from preventable and curable diseases.


However, unless we are sure that health workers are assigned and necessary equipment and drugs are supplied, any structure of a clinic does not make sense. A clinic cannot be a clinic without necessary staffing or supplies. MY DREAM Health team visited Ghana Health Service thousands of times for the last three years, and finally confirmed with them that they'll provide a clinic with health workers, equipment and drugs upon its completion


2012年6月、ボナイリ村にNGOインターンとして派遣されたMY DREAM. org代表の原が最初に行なったのは、50名のお母さん達への保健・衛生状況に関するインタビュー。「今村にとって一番必要なものは何?」という質問に対して、「幼稚園」と同じくらい多かった回答は、「クリニック」でした。


クリニックがあれば、子どもが病気になってもすぐに連れて行ける、シアバター作りで節々が痛くなってもすぐに看護婦さんに相談出来る、何よりも、予防できる・治せる病で命が失われることを防ぐことが出来るかもしれない。


けれど、クリニックという箱が出来たところで、看護師や助産師等を派遣してもらえなければ、必要な機材や薬の供給が得られなければ、結局クリニックは無いも同然。その目処が立たないままにクリニック建設をしても意味が無い。村のMY DREAM保健チームは、過去3年、足繁くガーナ保健局に通い行政の支援を要請し続けました。そして遂に、2015年春、建物が完成すれば、保健局から、保健人材の配置と機材や薬の供給の約束を取り付けました。

Community Engagement/ コミュニティの動員

MY DREAM Health Team in Bognayili trusts that this project should engage every single person in the village, as having a clinic has been the long-time desire for everybody. They have started mobilising the community through organising meetings such as elders' meetings, youth meetings and women's meetings. They have listened to what people say about the project so as to get their proactive engagement to move things forward, which they trust is the key for the success.


村のMY DREAM保健チームは、クリニックプロジェクトには、村人一人一人を余さず巻き込む必要があると考えています。なぜなら、クリニックの整備は、皆の悲願だから。一人一人の協力を得るため、チームはコミュニティの動員に向けて働きかけてきました。長老ミーティング、若者ミーティング、女性のミーティング。それぞれの想いを汲み上げ、プロジェクトを一緒に動かしていく、その心構えを育んできました。

FUNDRAISING EVENT IN NEW YORK/ NYにおけるファンドレイズイベント(2015-2016)

In September 2015, MY DREAM NY Team organised another fundraising event for Japanese residents in New York, who are very precious supporter project for MY DREAM Project. To follow up how the pavilion completed thanks to their support last year has been utilised by the children and the community, Yukari Hara, founder of MY DREAM. org made presentations. AK, a singer-songwriter also joined the event to tell her experience of leading music workshop, particularly teaching MY DREAM Song she kindly wrote for MY DREAM School, at the pavilion for MY DREAM School children. Please find the clip of the workshop and her experience in Bognayili here


2015年9月、MY DREAM NYチームは、継続的にMY DREAMプロジェクトを支援してくださっているNY在住の日本人コミュニティの皆様を対象にファンドレイズ・イベントを開催しました。前年2014年に皆様のご支援のおかげで完成したパビリオン(お遊戯場)が、どのように活用されているのか、村の子供達と皆の役に立っているのかをMY DREAM. org代表の原からご紹介させていただき、続いて、実際にパビリオンで子ども達に歌のワークショップを行ってくださったAKさんから村での体験についてお話しいただきました(AKさんが作詞作曲くださったMY DREAMソングを子ども達に教えていただきました!)


In September 2016, another fund-raising event took place in NY to complete the project. In the first half of the event, Yukari Hara, Executive Director of MY DREAM. org discussed upon the ten-year plan for the entire projects including the clinic project. MY DREAM NY Team then led "MY DREAM 10-year Bognayili Tour Simulation" referring to the village map, pictures and clips. We exchanged our thoughts and insights while virtually walking through the village, enjoying the scenery, meeting and listening to the people.

2016年9月、クリニック完成に向け、NYにて再度ファンドレイズ・イベントを開催しました。イベント前半では、MY DREAM. org代表の原から、クリニック整備を含むMY DREAMプロジェクト構想の10カ年計画について詳細を発表させていただきました。後半は、「MY DREAM 10年後のボナイリ村シミュレーション」と題し、地図を片手に、ボナイリ村の風景や人々の様子を動画や写真で追いかけ、村を歩いていくような感覚で、プロジェクトの過去4年、現在、そして今後の6年に想いを馳せながら、意見交換を行いました。

MY DREAM Clinic Project/ MY DREAMクリニック・プロジェクト

MY DREAM Health Team in Bognayili has worked very closely with the Ghana Health Service to develop the plan for the clinic project. They spent good time to find out which specific materials and structures they need for the community, and made comparison of the price offers given by multiple contractors. The cost estimated for the construction of the clinic is approximately USD13,255. We aim at constructing a clinic that serves the needs of not only Bognayili but also neighbouring communities where the total target population would be roughly 5,000.


MY DREAM保健チームは、保健局等と相談しながら、クリニックの設計を行なってきました。長い時間を費やし、建材などの選定、複数業者からの見積もり取り付け等を行い、コミュニティにとって真に必要なクリニック像を模索してきました。プロジェクト経費見積もりは13,255ドル整備するクリニックは、ボナイリ村だけではなく、近隣の村も合わせて約5,000名に裨益することを目指しています。

Kick-started with the groundbreaking ceremony in December 2015, construction of the clinic started.

2015年12月に村で実施された着工式を皮切りに、クリニック整備が始まりました。

As of September 2016, we are almost there to complete the clinic block. MY DREAM Health team will keep working on to commence the clinic targeting November 2016 when we'll celebrate the fourth-year anniversary of MY DREAM School.


2016年9月現在、クリニックの建物は完成が見えてきました。MY DREAM保健チームは、2016年11月にお祝い予定のMY DREAM幼稚園4周年記念式典の際に併せてクリニック完成披露を行うことを目指し、引き続きプロジェクトに取り組んでいます。

First-ever Co-funding Project/ MY DREAMプロジェクト初の共同出資プロジェクト

The clinic project is the first-ever co-funding project for MY DREAM. org. our project partners include: Hon. Mr. Moses Amadu Yahaya, Member of Parliament, Kumbungu District Assembly as well as the interested members of Bognayili. We trust that close cooperation with the local government will help making sure that the clinic will be well equipped and operated in full fledge in terms of furnishing as well as staffingupon the completion of the block, all of which had been promised by Ghana Health Service before we launched the project in Sept. 2015.

クリニックプロジェクトは、MY DREAM. orgにとって初の共同出資プロジェクトです。プロジェクトパートナーは、 ボナイリ村の所属するコンボンゴ地区(Kumbungu District)のモーゼス議員  と地方議会、そしてボナイリ村の村人有志。地方行政との密接な連携は、2015年9月にプロジェクトを始動する前にガーナ保健局がコミットした建物完成後の設備の充実や人材の配置など、クリニック実施運用面においても大きなプラスの影響を与えてくれるものと期待しています。
Picture: Meeting with Hon. MP Mr. Moses Amadu Yahaya/ 写真: モーゼス議員との面談

Project site tour by supporters/ 支援者の方によるプロジェクト視察ツアー

In June 2016, some supporters kindly paid a visit to Bognayili to observe the progress of the clinic project. Yakubu who plays the leading role of the project explained them of the background why we launched the project and how things had come so far. 


2016年6月、支援者の方々がプロジェクトの進捗を確認しに、ボナイリ村を訪れてくださいました。プロジェクトの中心的な役割を担うヤクブが、プロジェクト立ち上げの背景や進捗状況について説明しました。

Fund raised as of Sept. 2016/ 2016年9月現在 ファンドレイズ達成額

Donation from individual supporters                                           GHS 19,044 (USD 4,761) 

(Breakdown:Event in NY 2015 USD 1,558 + Donation from ICGC members USD 1,253 + Event in NY 2016 USD 1,950)

Contribution by the interested members of Bognayili                  GHS   2,500

Contribution by Hon. MP Mr. Moses Amadu Yahaya                  GHS   9,500

Contribution by Kumbungu District Assembly                             GHS   5,000

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                                                                                                    GHS 36,044 (USD 9,011)


We cannot thank enough to those who have kindly made contribution to our clinic project so far. We have successfully raised USD 9,011, while the target amount to complete the clinic block is approximately USD 13,255. As per the portion GHS 15,318 (USD 3,830), Hon. MP Mr. Moses Amadu Yahaya has made a commitment to make another disbursement, however we are yet in short of the fund USD 414. We appreciate your kind assistance to complete the project in success!


MY DREAM. orgに頂いた皆様からのご支援                               GHS 19,044 (USD 4,761) 

(内訳:2015年9月のイベント USD 1,558 + ガーナ系教会ICGC USD 1,253 + 2016年9月のイベント USD 1,950)

村人有志の自己拠出                                                                    GHS   2,500

モーゼス議員の開発予算からの拠出                                           GHS   9,500

地方議会からの拠出                                                                    GHS   5,000

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                                                                                                    GHS 36,044 (USD 9,011)


お陰様で、2016年9月現在、クリニック整備総工費約USD 13,255のうち、約USD 9,011の調達が実現しています。ご協力くださった皆様に、心より御礼申し上げます。残りの必要額USD4,244のうち、GHS 15,318(約USD 3,830)については、モーゼス議員から追加出資のお約束をいただいていますが、残りUSD 414については引き続き皆様からのご支援を賜れますと幸いです。引き続き、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

Appreciate your kind support!/ ご協力に感謝いたします!

DONATION VIA PayPal・Creditcard/ PayPal・クレジットカードによる寄付

DONATION BY MONEY TRANSFER/ 送金による寄付
Our Ghanaian bank account detail is:
Bank Name: Ecobank
Bank Address: 19 Seventh Avenue, Ridge West, Private Mail Bag, GPO, Accra, Ghana
Account Name: MY DREAM.org
Account Number (GHS): 0010084483845801
Swift Code: ecocghac

日本の口座送金先詳細は以下の通りです。
銀行名:三井住友銀行
支店名:三田通り支店(店番号:623)
電話番号:0334531551  
口座番号:8417234 
口座名義:MY DREAM.org 東京チーム代表 福田明佳