OTHERS

There takes place other activities to build and strengthen people's capacity to better the environments of the community.

ボナイリ村の環境改善のため人々の能力を強化するための様々な活動を行っています。

Community-based Action Planning Workshop by Africa 2000 Network

On April 19th, 2014, Madame Adisa Lansah Yakubu, a former executive director of Africa 2000 Network Ghana visited Bognayili and took place a workshop on community-based action planning. Over 100 people, including both men and women, the youth and the elder and children, gathered to listen and participate in the workshop. She draw a pot and told people "What you see in the pot is the resources you already have in Bognayili. Who would tell me what you have?" I was quite impressed by so many hands raised. Then, she added some arrows pointing into the pot from the top, saying "Now, please tell me what kind of investment from outside you receive for this community." After describing all the resources existing and assistances from outside, she started telling "Now, we will discuss what we want from all these resources we found and make a plan to address the problem and bring better outcomes to the community." The workshop was pretty much community-oriented and in the end of the day, they agreed to form a committee to execute a plan they drafted through the workshop, which was to improve the road from the village to the town so that carrying their products to the market and/or referring sick people to hospital will get easier.

>>>>>Africa 2000 Network Ghana


2014年4月19日、ガーナのNGO、Africa 2000 Networkの元代表アディサ・ランサー・ヤクブ氏がコミュニティ主導の行動計画作りに関するワークショップを実施するためにボナイリを訪れてくれました。ワークショップには、老若男女から子どもまで、100名を越える参加者が集まり、熱心に講義を聴き、またとても積極的に手を挙げ、意見を述べていたのが印象的でした。アディサ氏は、皆に見えるように大きな紙に壷の絵を描き、「この壷の中にこれから私たちが描き入れていくものは、既にボナイリに存在するモノや、人材、活動など。さて、何がありますか?」という質問からワークショップをスタートさせました。絶えず上がる手と村の人たちのインプットを受けて、壷の中があっという間に一杯になったことを受け、次は、その壷に向かう矢印が数本描き加えられました。「次に、村の外から入って来る資源について考えてみましょう。」これもあっという間に沢山の意見が出てきました。全てを描き終えたところで、次にアディサ氏は、「さぁ、これで村の持つリソースは全てここに描き記されました。これを活かして、どうやって村の抱える問題を解決し、環境をよりよく改善していくことができるのか、一緒に考えてきましょう。」白熱したワークショップの終盤には、村の人たちが優先順位の高い課題として位置づけた、村と街をつなぐ道の整備を実現させるための委員会が組織されることも決まりました。彼らにとって道路の整備は、農作物やその他の製品をマーケットに運ぶための重要な生命線であり、また病人を病院などに運ぶためにも大切な通り道です。その道が良くなれば、多くの生活改善に繋がる、と考えたようです。

>>>>>Africa 2000 Network Ghana

Photo by Selase Kove-Seyram

写真提供:セラースィ・コーヴ・サイラム