Progress of the Kindergarten Construction

When visiting the village on a sunny day, you will find children sitting under the trees. They bring chairs from their houses and spend time from around 8:30am to 1:00pm with their friends and a teacher. The teacher graduated from senior high school last year and started teaching children at this under-tree kindergarden. Once it starts raining, children carry their chairs on their heads and ruch back their home.

晴れた日に村を訪れると、木の下に座る子どもたちの姿がすぐ目に飛び込んできます。子どもたちは家から椅子を持って来て、朝の8時半から昼過ぎの1時までを、この木の下で友達や先生と過ごします。先生は、去年高校を卒業して、ここで子どもたちを教え始めたばかり。雨が降り始めると、子どもたちは椅子を頭の上に載せて運び、家路を急ぎます。

Early in August 2012, the chief of Bognayili approved our plan to construct a buillding for the kidnergarden and gave land for that use. Project leaders of the village gathered to the place where the kindergarten will be completed in a few months; they talked about the structure of the building, ideal number of teachers, anr the way to collect contribution from people to sustain the kindergarten etc.

2012年8月のはじめ、村の曹長が「雨の日も幼稚園に通おう」プロジェクトに賛同し、村の土地の一部を幼稚園建設のために与えてくれることになりました。村のプロジェクトリーダーたちは、数ヶ月後には幼稚園が完成しているであろうその場所に集まり、幼稚園の構図や、理想的な先生の人数や、幼稚園を継続させるためにどのようにして保護者たちから集金するかなどについて話し合いました。

Early in September, I visited Bognayili for three days. I found the leaders of the community gathering in one place to help constructors building a kindergarten. They were discussing how to and when to start collecting money from parents and/or caregivers of children to complete the construction. They have agreed to start collecting GHc 5.00 (About US$2.5) from each household from the mid-September.

9月のはじめ、3日間ほどボナイリを訪れました。村のリーダーたちが一カ所に集まり、幼稚園建設の手伝いをしながら、どのようにして、またいつから村の人たちから寄付を集めるかを話し合っていました。話し合いの結果、9月半ばから、子どもたちの親たちから5セディ(日本円で約200円)を集める集金活動が始まることになりました。

The PTA executives and other leaders have been talking with the chief about management of kindergarten, recognizing the importance of quality care and education. The chief has promised to visit and ask the chief exectives in Konbongo to assign at least two National Service youths as teachers for our kindergarten. 

** National Service: All those who graduate from collage and training school are suposed to work for a NGO, a company, and a public office etc. for a year, being paid by the government.

PTA役員をはじめとする村のリーダーたちはプロジェクトの始動以来、質の高いケアと教育を子どもたちに与えられるよう、村の曹長と幼稚園の経営について話し合ってきています。曹長は、コンボンゴの曹長役員に会いに行き、大学を卒業した学生たちを少なくとも二人、幼稚園の先生として派遣してもらうように話をしにいくと約束してくれました。

※ナショナル・サービス:ガーナでは、大学や訓練学校を卒業すると、NGOや民間企業、政府機関等において1年間働くことが義務づけられています。その間のお給料は政府によって支払われます。

On the 18th September 2012, the secretary of Bognayili sent me a photo of the kidnergarten under construction, using the Internet and email, which he had learned just a few weeks before. To find materials that are better in quality and reasonable in price, he goes to the town and see around a number of retailers and/or wholesalers; after examining invoices, he chooses which materials to buy. This design blocks are one of his war trophies.

2012年9月18日、ボナイリのセクレタリーから工事中の幼稚園の写真が届きました。つい数週間前に覚えたばかりのインターネットとEメールを使って。より高品質で安価な原料を得るために、彼は町に出かけては小売店や卸売店を回り、見積もりを集め、それを吟味した上で購入を決めています。写真のデザインブロックは、そんな彼の戦利品のひとつです。

On the 30th September 2012, I received another email from the secretary, which said that he had called a PTA meeting. They discussed in detail about the management of the kindergarten after the completion of the building. 

2012年9月30日、セクレタリーからメールが届きました。PTAミーティングを開いて、幼稚園の建物完成後の運営について詳しく話し合ったとのこと。

In early November 2012, pastering of walls and floors was done! People in the village are now preparing for the opening ceremony of the kindergarten, which is planed to be taken place in two weeks. We visited the District Director of Education and talked about maintainance & management of the kindergarten. The kindergarten will be attached to one of the primary schools in the village so that the District will send teachers and support the kindergarten both financially and technically.

2012年11月上旬、いよいよ建物内外の石膏処理も終わり、完成一歩手前です。村の人たちは、2週間後に控えた幼稚園の開校式に向けて準備を進めています。今回は、教育局のディレクターにも挨拶に行ってきました。幼稚園の維持管理について話をし、完成し次第、村の小学校の付属幼稚園とする形で幼稚園を公立化し、地方政府からの支援が入るように取りはからってもらえるように話を進めています。

Construction of the kindergarten is done! On the 24th Novmber 2012, we finally gathered in the village to celebrate the completion of the building. About 140 children, who will be soon learning at the kindergarten, their parents, elders,  the chief of the community and representatives from the District Education Board gathered in one place for the ceremony. I, accompanied by one of the generous donors, my father and a folk of the NGO Africa 2000 Newwork, in which I work as an intern for the first three months of my adventure in Ghana, joined the happiest-ever event. 

幼稚園が完成しました!2012年11月24日、ついにその完成を祝うために村に皆が集まりました。約140名の幼稚園で学ぶ子どもたち、その親御さん、長老に曹長、そしてディストリクトの教育局代表が開校式のために集まりました。私自身も、日本から駆けつけてくれたドナーの一人である父親とガーナ生活前半3ヶ月を一緒に過ごさせてもらった現地NGOのアフリカ2000ネットワークの同僚と共に、式典に参加してきました。

One of the most heartening moments during the ceremony. People started collecting money from the villagers voluntarily for the sustainable management and maintenance of the kindergarten. The contribution came to about $100. That was surprising amount. Many people in the village live on less than $1 a day. It was not easy for them to work out wages for carpenters and some materials, which they themselves decided to contribute on their own. The chief of Bognayili talked to the people in his speech, "Now the building is completed. But I believe what Yukari wanted to see is not a building, but children receiving quality education in kindergaeten. It is all up to us whether we can realize that. It's now our turn to make maximum use of this kindergarten." There was a note of resolution in the chief's voice, which consequently led villagers' voluntary contributions. 

式典の中で、もっとも心動かされた瞬間の一つ。幼稚園の継続的な運営・管理のために、村人たちが自発的に集金を募り始めました。集まった額はなんと100米ドル近く。これは、多くの村人が1日1ドル以下の生活をしていることを考えると驚くべき数字です。村人たちにとっては、自分たちで拠出を約束したとはいえ、大工さんたちの給料とその他の建築材費を捻出するのも一苦労でした。ボナイリの曹長はスピーチの中で、「今こうして幼稚園の建物は完成しました。けれど、ゆかりは建物を見たかったわけではない。子どもたちがこの建物の中で、質の高い教育を受けられている姿を見たいと思っているはず。それを実現できるかどうかは私たち次第なのです。この幼稚園の最大限活用すべく頑張るべきなのは私たちです。」と村人たちに語りかけました。彼の言葉の端々には決意が感じとられました。村人たちもそれを感じ、自ら幼稚園と子どもたちの将来を思い、寄付をしてくれたのだろうと思います。

We named the kindergarten "MY DREAM", hoping that all the children will have their own "MY DREAM" by the time they finish kindergarten. As one of the donors for the project "Kindergarten Even in the Rain", I dream a day when I can see children from the kindergarten talking about their own "MY DREAM" with sparkling eyes in hope.

幼稚園は、「マイ・ドリーム」と名付ける事に決めました。幼稚園で学ぶ全ての子どもたちが、卒園までに「私の夢は〜です」と語れるようにという想いを込めて。「雨の日も幼稚園に通おう!」プロジェクトへのドナーの一人として、私自身も、いつの日か、子どもたちが希望に溢れる輝く瞳で夢を語る様子を見られる事を心待ちにしています。