Build Guest House Project

For guests coming to visit Bognayili, we are constructing a small traditional guest house.

ボナイリを訪れ宿泊されるゲストの方のために、村の伝統的な家をゲストハウスとして建設中です。

TRADITIONAL GUEST HOUSE

Majority of people in Bognayili lives in this Traditional mud hut, made from mud, sand, wood and straw etc. People build multiple mud huts in one compound, where large number of family members like twenty live together. To provide guests with an opportunity to experience the way they live, people in the village are now constructing a traditional guest house.


ボナイリの人々の多くは、泥、砂、木と藁で作られる写真の土壁の伝統的な家に住んでいます。人々はひとつのコンパウンドに複数の家を建て、時には20名にも及ぶ大家族が一緒になって生活をしています。村を訪れる人々に、村の暮らしを経験してもらうために、村の人々は現在、伝統的なゲストハウスを建設しています。

CONSTRUCTION OF GUEST HOUSE

By today, GHc900 (US$450) was kindly donated by some individuals and organizations, including GROOTS for construction of the guest houses. Everyday, children and their parents come to gather in one place and work on construction of the guest houses. Three small guest houses are almost completed and ready to welcome guests from around the world!

GROOTSを含むMY DREAMプロジェクトを支えてくださる個人、団体の皆様のお陰で、伝統的ゲストハウスの建設に必要な経費の一部、約900ガーナセディ(約450米ドル)が集まりました。子どもと子どもたちの親が毎日一カ所に集まり、ゲストハウスの建設のために汗水垂らして働いています。三つの小さなゲストハウス、世界中の皆さんをお迎えできる日も遠くなさそうです!

ALMOST THERE!!

Three guest houses in one compound are almost completed! In April 2014, we found a beautiful set of houses at the center of Bognayili. According to Mr. Zak, a project coordinator of MY DREAM.org, they have decided to plaster the houses with cement (which is yet to be that common in the village, but preferred by people in Bognayili these days) so that the houses will last longer and visitors will be able to spend time more comfortably. Each room has a window and a door that are both equipped with screens to prevent mosquitos and flies coming inside. 


ひとつのコンパウンドに3つの部屋を備えたゲストハウス、完成間近です!2014年4月、村を訪れてみると、そこにはほぼ出来上がったきれいな家の姿がありました。MY DREAM.orgのプロジェクト・コーディネーターのザックによると、村ではまだまだ主流ではないけれども村人にも最近は人気の高いセメント石膏を壁に塗ることを決めたようです。石膏を塗ることで家は長持ちし、また訪れたお客様もより快適に部屋での時間を過ごすことができるだろうというのが決定の理由のようです。3つの部屋全てに、それぞれ虫除け網戸付きのドアと窓が設置されています。

In May 2014, MY DREAM Guest House was completed! 

At the beginning, an executive director of MY DREAM.org was thinking of only one room, the one totally traditional made from mud, wood and straws. However, MY DREAM.org's team members rather suggested building multiple rooms, saying "The more people get to know about our project, the more people may come, which will require multiple rooms to accommodate them." Moreover, they suggested to use concrete to plaster the houses, believing it will better the quality of rooms and make them last long. Each room is furnished with a bed and a mosquito net, which they believe will allow "Siminga" (foreigners in Dagbani) to stay there rather than just visiting in day time. They have long-term perspectives already regarding management of the guest house. Contact us if you have a plan to visit and stay with us!


2014年5月、ついにMY DREAMゲストハウスが完成しました。

ゲストハウス建設構想が立ち上がった当初、MY DREAM.orgの代表は、土と木と藁だけで作る完全に伝統的な部屋をひとつ作ることを考えていました。しかし、その提案を聞いたMY DREAM.orgの村人メンバー達は、口々に、「僕たちの活動を知って、沢山の人たちが訪れてくれるようになれば、部屋は一つでは足りないよ。そのときに備えて複数の部屋を建設すべきだ」と提案し、その通りに建設を始めました。さらには、お客さんには質が高く長持ちする部屋を提供したいという発想から、伝統的な素材に加え、コンクリートで周りを固め、強度を高めるためにペンキで塗ることを決めました。また、部屋にはベッドや蚊帳も設置され、これまでガーナの田舎村に宿泊することに抵抗を覚え、日帰り訪問するにとどまっていた「スイミンガ」(ダグバニ語で外国人という意味)のお客様にも滞在して頂けるように、彼らなりの工夫が凝らされています。彼らは既に長期的な視野に立ってゲストハウスの運営を考えています。ボナイリ訪問をお考えの方は、以下のフォームから是非ご連絡ください。

Thank you for contacting us. We will get back to you as soon as possible
Oops. An error occurred.
Click here to try again.